powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

innovative company Apple

 近年のiphoneの普及によって世の中に広く知られるようになったAppleの功績を初期の頃からのストーリーとして理解することはとても重要だ。

 普通の個人が使えるコンピュータを世に送り出し、人間の生活スタイル中心のプロダクトデザインは、20年後のiphoneを生み出すときにも全くブレない思想が継承された。その背景には、多くのビジネスイノベーションの要素がある。

1984- macintosh innovation

  • マッキントッシュチームは、タスクフォースという組織形態によって、メンバーがビジョンを共有し、独自の道を見出した。
  • 製品のマッキントッシュの筐体の裏側には、チームの一人ひとりのサインがされている。
  • 彼らが成し遂げた最新のイノベーションは、組織である会社の成果ではなく、一人ひとりの社員たちの集団が生み出した成果のだ。

1990年 Jobs 幻のインタビューでコンピュータのビジョンを語る

人間は道具を創り出す。自転車は、エネルギー効率が最高の移動手段(道具)である。

 

1960年代に生まれたコンピューターには大きなイノベーションを経て今がある。

 

  • 1番目のイノベーションは、1977年の表計算のソフトウエア(ビジカルク)、1982年ロータス123。
  • 2番目のイノベーションは、デスクトップパブリッシング。印刷の技術プロセスの革命。
  • 3番目は、人と人とのコミュニケーションの革命。どんどん変化するビジネス環境において、地理的広がりによって電子的にネットワークされたコミュニケーションによって、地理的な広がりの問題を解決する。企業組織は、根本的に再構築される。

 

1980年代はパーソナルコンピューティングだったが、1990年代はグループワークなどのインターパーソナルコンピューティングに発展させる。

2000s iphone decade

emotion デザインに対する思い