powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

成功したとおもったら負け 柳井正

イノベーションノート

 成功したと思いたいひとは、成功することが目的だったのではないだろうか。

 お客さまに喜んでいただくために、努力することは果てしない課題。

 実際に、事業を推進していてわかったが、やればやるほど、問題や課題が生まれてくる。それも、受動的にではなく、能動的に課題を認識し実行していくから、こそ問題が見えてくる。

 新しいことをつづつぎと提案し続けていれば、失敗から学ぶことができる。現実を直視しなければ、成長はない。同じ事をそのまま繰り返すタイプの組織は、そのマインドがアダとなって、いずれ時代遅れになる。