powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

デザイナー奥山清行

これは、カーデザイナーの奥山清行氏の言葉です。

 

 私は、仕事に取り組むときの姿勢によって、結果は全く違うものになると信じています。

 

 「頼まれた仕事は、ここまでだから、これくらいで十分だ」という発想はありません。

 

 いま、自分が生み出すことができる最善の結果を目指します。もちろん、時間と予算の制約の中で。

 

いわゆる製品やソフトウエアなどの製品をつくる仕事を経験したことがなかったときには、私はこの感覚の本質を知らなかった。

 

 しかし、自分が事業責任者兼プロデューサーとしてオンラインゲーム開発に関わったことで、自分たちの考えで何かを作り出し、それがお客さまに評価され反響を得るということを実際に経験した。

 

 「楽しい」という声が、ブログや掲示板を通じてわかる一方で、不具合や不十分なクオリティに対して不満やクレームの厳しい声も目にする。

 

 「何をどう作り込むのか」ということに、真剣にならざるを得ない。そして、こだわりがなくては、決してお客さまを満足させることはできないことは身を持って体験し、お客さまが期待する以上のことを提供したいという情熱が湧いてきた。