powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

6)バリューチェーンをデザインする

 登場人物とビジネスの流れをチャート化し、大きな世界観を視覚化する。

 

 そして、そこに登場する具体的な顧客や企業の役割や動きを調べ理解する。その上で取引関係の開拓についても、具体的に検討する。

 

自分流にアレンジ

すでに存在するビジネスのバリューチェーンを、「自分ならこうする」という新発想でアレンジ(再構築)してみよう。

 

落とし所

ユーザー(消費者)の視点で、何が付加価値(魅力)になるのかを明確にして、最終的にどういう形で実現するのか、条件や制約のなかで、現実的なパッケージングに落としこむ必要がある。その条件や制約をうまく利用して、演出や特徴に転換する。

 

ビジネスフロー

 

  • 企画構想(コンセプト)
  • 仕様決定(スペック)
  • 開発(プロトタイピング、量産)
  • 価格設定(プライシング)
  • ネーミング、コピーメイク(ネーミング)
  • 設計(モノ+コト)
  • 材料、部品調達(パーツ、ユニット)
  • 加工など外部発注(アセンブル)
  • 商品仕入れ
  • 商品パッケージ、デザイン、(フィニッシュ)
  • マーケティング(ブランディング)
  • 宣伝(SP、広告)
  • PR(コミュニケーション)
  • 流通、代理店販売(ディストリビューション)
  • 店舗販売、ウェブサイトによる販売(ショップ)
  • 代金回収、課金方法
  • ユーザーサポート(カスタマーサポート)