powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

インプットするときのTips

 

「モノ・コト」 物理的なもの(「モノ」)とそれらを使って行うこと(「コト」)の二つの側面で、企業が提供するアウトプットを認識する。
「気づき」 無意識や直感的な「気づき」を拾い上げる。また、意識はできても、言葉で表現できない感覚にも価値がある。
「ネタ」 24時間、好奇心をもって生活するなかで、自然と蓄積されるもの。そのためのアンテナは必要。
「100年前に遡る」 最新の出来事も、100年前にさかのぼっても、同じようなことが別の形で存在する。それが現代人にとってはオモシロイと感じることがある。それを、現代に蘇らせること自体が価値を生む場合がある。
「海外事情」 日本で話題になっていることは、海外ではどうなのか。文化や価値観の違いから新しいネタの開拓が可能である。
「違和感」 「新しさ」には違和感を感じる。意図的に、違和感をいれることによって関心を引く。一方で、違和感がないのは平凡で、過去のものと受け取られる傾向がある。
「懐かしさ」 どこか、懐かしい要素を掘り起こす。時間を経て、記憶に残る要素は重要なフックとなる。新曲なのに、どこかで聞いたことがあるメロディが気になるという感覚がそれ。
「楽しさ」という価値 ユーザーの利用シーンなどのコトの価値を測るモノサシのひとつ。
「オモシロイ」という価値 ユーザーの利用シーンなどのコトの価値を測るモノサシのひとつ。
「魅力的」 魅力を感じる要素は明確に打ち出さなければならない。それは、モノで視覚化するとわかりやすい。
「話題性」 話題性は、口コミなどの伝播力の源である。機能や品質が優れていても、話題性がないものには人々が関心を持たない。逆に、話題性があれば、それを体験してみたいという好奇心をかきたてる。
「好奇心」 一般人の「好奇心」をくすぐる要素は何か。大衆性はビジネスにおいては、ボリュームにつながる。
「マニアック」 特定の人々に、特に愛好されているモノ・コトはビジネスとして掘り起こす価値がある。コアなファンがいることは、ターゲットのニーズや世界観がハッキリしていて奥が深い。一般人向けにアレンジすることによって、ビジネスボリュームを拡大することができる。
「好きこそ」 自分の好きなこと、趣味など、興味を持てることから入り、範囲を拡げていく。
「飛び込む」 今の自分の守備範囲外でも、世間の話題になっていることは、まず体験する。
「ユーザー目線」 つくり手である「自分目線」ではなく、「ユーザー目線(当事者目線)」で感じたり、考えることが基本。
「当事者目線」 「当事者目線」の切り替えができれば、目の前の現象の価値を見つけることができる。傍観者には何も見えない。
「降臨」 素晴らしいアイデアは、理屈で考えることは難しいが、無意識には浮かぶものである。
「イマジネーション」 全く関係のないことから、おもしろい発想を得ることができるスキル。 Aを見てBを思いつく。