powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

ビジネスプロジェクト推進の手順

1)着想を得る(インプット)

世間で人々が注目している事象やテーマを見つけて、自分の引き出しにインプットする。目的は、プロデューサーとしてのテーマを探すこと。

続きはこちら

2)着想をビジネス構想にする(プランニング)

テーマを実現する手段として、ビジネススキームの絵を描く。具体的な利用シーンをイメージするには、何が必要かを考えていく。ホワイトボードやスケッチブックに、様々な要素を並べて、全体像で発想する(「スケッチモデリング」)。

続きはこちら

3)構想を仲間とシェアする(シェア)

ビジネス化推進のストーリーをつくるために、まず構想をシェアし深堀りするためのミーティングを「プロデュース会議」と呼ぶ。

続きはこちら

4)顧客目的を解決するビジネスストーリーをつくる

ストーリーは、構想段階で、様々な可能性を発想し導いたものを、ロジックで構成し実際の現実に落としこむ、いわゆる「まとめる」という作業である。

続きはこちら

5)モノとコトをデザインする

最終的な顧客が得るモノ・コトを具体的にデザインし、それを実現する製品、サービスの最終仕様を決定する。

続きはこちら

6)バリューチェーンをデザインする

登場人物とビジネスの流れを、チャート化し世界観をビジュアル化する。

続きはこちら

7)ビジネスプラン、アクションプランに落としこむ

最初から、完璧をめざすのではなく、シンプルなベースプランをつくる。

続きはこちら

8)ビジネスプランの課題を発見し、問題点を解決する。

様々な観点から、内容と実現性、有効性をチェックする。

続きはこちら

9)ビジネスプラン実行の承認を得る

10)プロジェクトオペレーションの開始