powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

プロデューサー伝説


 

  

「プロデューサー伝説」では、

 

これまでビジネス界またはその他の世界で

 

称賛されるべき成果をあげた人びとを

 

「プロデュサー」として紹介する。

 

 

「発想を変えれば、結果は変わる」プロデューサー発想の人物事例研究です。

(注)テーマとなっている人物についての捉え方、言動に解釈やまとめについては、筆者 古谷彰男の独自視点と感想にもとづいています。

はじめて語られる企画の「虎の巻」

増田 宗昭 毎日新聞社 2010-03-20
売り上げランキング : 152979
by ヨメレバ
仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書)

鈴木 敏夫 岩波書店 2008-07-18
売り上げランキング : 1723
by ヨメレバ

 

 

 「プロデューサーはいるのか」「ファンはいるのか」「いいと思う価値観をシェアできているのか」


「ファンを楽しませるための仕掛け」が本来もっと必要なのである。

 

自動車や携帯電話・テレビなどの家電製品、小売業、サービス業においても。

 

「ファンを楽しませる熱い人びとのビジネス発想」は、プロデューサーの流儀をより具体的な方向で掘り下げて行きたい。

 

 

 

「発想を変えれば、結果は変わる」

 

プロデューサー発想のエッセンスを

 

具体的な事例から研究する。

 

 

 

 

 ここで紹介し考察する人びとは、

 

 

社長、リーダー、創業者、

 

資産家、カリスマなど

 

様々な肩書きがある。 


 

 

しかし、

 

そんな肩書きは必要ない。

 

肩書きが価値を生むのではない。

 

 

 

「やる気がある人は行動する」


 

 

彼らは、

 

何も無いところからでも

 

始める人びとである。

 

 

 

 

 

 

 

最初に必要なのは

 

やる気=情熱である

 

ことがわかるだろう。

 

 

 

 

彼らの本質は、

 

 

世の中に新しい価値を生む

 

「プロデューサー」

 

 

であること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「世の中を変える」

 

「新しい価値を生む」

 

「オリジナルな発想で実現する」

 

 

 

彼らの言動やアプローチを考察し

 

「発想」のヒントを発掘したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとり一人の個性を

 

独自の観点から

 

紹介する。

 


 

それぞれのエピソード、

 

点と点をつなぐ作業は

 

読者自身にお願いしたい。

 

 

 

彼らの

 

「立ち位置」や「目線」

 

独自の世界観にふれて、

 

自分の自信の

 

解釈をしてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

なお、ここで紹介する内容は、

 

あえて

 

未整理で断片的な引用が

 

中心になる。

 

 

 

また、学術的な理論は一切持ち出さない。


 

本来、学術がとるべきスタンスは、

 

現場や現実から学ぶものであり、


 

学術的なフレームワークで

 

現実を評論することには

 

本末転倒だと考えている。

 

 

「考えるな、感じろ!」