powered by SEOチェキ!

Feret+UNI search

twinavi

IC

『イノベーション』って何のことでしょうか。

無料相談FAQ

 自分プロジェクトの実現に、ちょっと役に立つ知識や気づき。

  事業が抱えている問題を解決し、課題を実現する糸口をシンプルにまとめました。必要があれば、お手伝いできますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

あなたの疑問や気づきが

ビジネスを進化させます。


よくある質問相談

イノベーションって

何でしょうか?

 

Q1: イノベーションとは?

Q2: イノベーションは何をキッカケに起きますか。

Q3: 事業のライフサイクルで、様々なイノベーションのカタチがありますか。

一般に語られるイノベーションとはちがう。

 ここから解説している内容は、すべて有名な経営学者たちの体系化したものをまとめたものです。 

 実際に経営の現場を知っている当事者からすれば、学術研究を目的に体系化されて定義にすぎないと思うのではないでしょうか。
 私は、よくメディアで登場する「イノベーション」の定義や理念だけの「学術論」「技術論」「産業育成論」が語られ続けていることにジレンマを感じます。

 

 2000年以降のネット社会の出現により、世の中は大きく変化しました。それまでのビジネスの常識で発想して「現在の企業経営」を行なうことは、新しい価値を生むには弊害となっています。

 

 本質は変わらないものの、それまでは不可能とされていたことが、インターネットを中心に、まったく新しいやり方で実現できるようになりました。このような環境の変化は、「パラダイムシフト」、つまり「大きな変化」と言われています。

 

 それは、1990年台に行われた「コンピュータ化」や「情報化」「データベース化」などと同じだと思い込んでいるひともいます。

 

 最近は「ビッグデータ」という言葉が、巨大企業のセールスコピーで使われていますが、実際にやっていることはコンピュータシステムを構築して納入する昔のビジネススタイルと変わりません。

 

 本当に新しいビジネスを生み出しているのは、インフラ系のハードウエアを製造して納入したり、データ系の情報システムを開発したり、巨大な通信回線を提供する会社でしょうか。

 

 新しい価値を生むビジネスは3つの追い風を活用した新しいビジネスを創造しています。

 

  1. ネットワーク
  2. コンテンツ
  3. ソーシャル

 

 

イノベーションにつながる『アプローチ』があります。

 「イノベーションは「技術」や「モノ」である必要がない」

と、経営学者ドラッカーは言っているにも関わらず、一般的にメディアで「イノベーションと経営について語られている視点」は変わることができていません。

 

 「過去の常識」の視点でしか議論されないということは、変化に対して大きく「ズレたまま」で何が正解かを模索しているということではないでしょうか。

 

 とても、あいまいで漠然とした感覚をうける「コト」を創造するビジネススタイルは「よくわからないニッチ」だと思っている経営者は多いと思います。

 それは30年前でいえば、ソフトウエア、コンピュータゲーム、大規模小売チェーンなどの産業が生まれた時代の感覚と似ているのかもしれません。

 

 2000年以降にネット通販やコンテンツ配信、ソーシャルネットワークなど数多くの新しいサービス(ビジネス)が顕在化しています。

 

 しかし、それらが生まれた背景を理解し、新しいビジネスアプローチ(ビジネスを実現する手法)と新しいビジネス発想を現実社会で行かせているでしょうか。

 

 「過去の常識的な発想と行動原則」と「新しいビジネス発想」が根本的にちがうことを明示している経営学者や研究者やジャーナリストの議論はあまり見当たりません。

 

 (多くのCEOたちは自分のビジネスに忙しく過去を振り返りません。ビジネスを体系化することもありません。また、語ったとしても、立場の違いから本質を理解してくれる一般人は極少ないのです。)

 

 いわゆる「昔からある普通の企業」の成長意欲ある今の経営者にはぜひ自問自答をしてほしいと思います。

 

 「あなたの企業はイノベーティブな企業かどうか」 

 「世の中に新しい価値を生み出すビジネスかどうか」

 「変化をチャンスとして取り入れる挑戦をしているか」

 

 社会から求められ続けて存続するには「未来の価値ある企業」が「新しい発想」で行動しなければなりません。

 

 イノベーションコンサルティングが開発した『プロデューサー発想のメソッド』は実際のビジネスで実証されています。

 2000年以降に株式上場を果たした2つのベンチャービジネス企業が売上高1000億円と数十億円の利益を生み出した実績と現場レベルで試行錯誤と「新しい常識」にもとづいています。 

 

 実際に事業を推進してきた私の体験と実践方法から編み出した「イノベーション」につながる「ビジネスの生み出し方」を世の中に広めたいと考えています。

お勉強としての「イノベーション」

イノベーションとは(お勉強)

 

ウィキペディアでは

 

新しい技術の発明だけではない。新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の変革である。

 

ドラッカーは

  1. 富の創出を増大させるものすべて
  2. 技術には限らない。モノである必要さえない。
  3. 消費者が得る価値や満足をかえること。

 

シュンペーターは

経済活動で旧方式から飛躍して新方式を導入すること

  1. 新しい財貨の生産または品質向上
  2. 新しい生産方法の導入
  3. 新しい販売先の導入
  4. 新しい仕入先の獲得
  5. 新しい組織

 

イノベーションを生み出す7つの機会(お勉強)

 

  1. 予期せぬ成功と失敗を利用
  2. ギャップを探す
  3. ニーズを見つける
  4. 産業構造の変化を知る
  5. 人口構造の変化に着目する
  6. 認識や志向の変化
  7. 新しい知識を活用する

 

「イノベーションと起業家精神」ドラッカー

イノベーションのライフサイクルモデル(お勉強)

 

 

  1. 破壊的(常識を塗り替える)
  2. アプリケーション(既存製品のあらたな利用方法)
  3. 製品(機能や性能の比較的改善)
  4. プロセス(生産販売方式の手法の抜本的改革)
  5. 経験(顧客や市場にとって新しい体験)
  6. マーケティング(あらたな経路や手法)
  7. ビジネスモデル(新事業参入や収益モデルの変革で立ち位置を変える)
  8. 構造(産業構造や中通構造を変革し、競争原理を塗り替える)

 

フェフリームーア(ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス)

 


アクセスカウンター